勤怠管理はコンピューターが正確

うちは去年まで勤怠管理はタイムカードで行っていて、それを総務が手作業で管理、集計していました。結構時間が掛かる上にミスもあって、やはりそれが従業員の給与に直接反映されるものですから、モチベーションも下がりつつありました。そこで勤怠管理をコンピューターで一括するシステムを導入しました。導入にあたっては何分初心者なので、タイムカードを販売していた会社に相談して、その会社の高精度のものを提供してもらった次第です。コンピューターでの一括システムはそれなりに不安がありましたが、一度実践してみるととても簡単でしかも正確なので、もっと早く導入しておけば良かったと後悔したくらいです。総務もタイムカードの集計の時間を取られず、他の仕事に専念できるようになりましたし、計算ミスもなくなって従業員の活気も戻ってきたような気がします。

タイムカード式の勤怠管理をパソコンにつなげてみる

勤怠管理は正確性が求められるものの、それだけに時間を取られすぎることもあって、総務泣かせとも言われてきました。けれども、最近の勤怠管理システムはとても便利になってきていますので、どの会社でも随分と集計がラクになったのではないでしょうか。少人数の会社でも、やはり人為的なミスというのは存在しますから、より仕事を効率的に廻すためにも、システム化することが一番だと思います。最近はタイムカード式のものでも、ワイヤレス通信でパソコンにデータを取り込み、簡単に集計できるようなものもあります。初期費用もそれほど掛かりませんし、大がかりな取り付けも必要ないので、タイムカード自体をそのまま導入していきたいという会社にはぴったりだと思います。パソコンに慣れていない人でも簡単にできるようテンプレート式になっているものもあるので、色々なタイプからより適切なものをチョイスしてみると良いですよ。

打刻方式のタイプで勤怠管理を正確に行う

勤怠管理にタイムカードを使っている会社は多いですが、とてもシンプルな出退勤の場合は良いのですが、外出を頻繁にしたり、夜勤があったりする会社は集計がとても大変ですよね。けれども大がかりなシステムを導入することは難しいという会社は少なくありません。そんな会社には、打刻方式が複数になっているタイプのタイムカードを利用することをお勧めします。これだと、外出や夜勤、休憩のたびに打刻さえきちんとしておけば、その記録がどの時点でのどの行為だったのかが瞬時に分かるようになっています。打刻方式が複数なので、記録が明確になっているため、内容が不明ということもありません。これにより、管理する方も従業員側もどちらも余計な時間を使う必要がなく、簡潔に正確に管理ができるようになります。初期費用もあまり掛からずすぐに導入できるのも良い点です。

Blog Home